イントラレーシック

イントラレーシックに入院の必要はありません。多少の個人差はありますが、手術当日、または翌日には視力回復効果を実感できます。充分な点眼麻酔を施して手術をするため痛みを感じる事もありません。

スーパーイントラレーシックとレーシックの違いは成功率や視力回復の早さ、手術時間が短くなったなどありますが、一番大きな違いは角膜のフタのような膜であるフラップの作り方です。

実際に僕の場合、今の左眼でコンタクト時代より遠くが見えているわけでもないのに、近くの小さい字がみえにくくなってる状況をどう考えたらいいのか。結果的に老眼が進んだように見える原因とは。
・暗所視力の低下
・乱視
・遠視
・左右差

イントラレーシックの後悔、失敗談として多いのは術後に視力が元に戻ったというものです。角膜の厚さが残っている方は無料で再手術をするクリニックも多いですが、もともと角膜が薄い人は対処ができず泣き寝入りという場合もあります。
イントラレーシックで後悔、失敗談と同じことを自分の身に降りかからない様にするためにも眼科、クリニック選びは必須です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。