イントラレーシック

イントラレーシックに入院の必要はありません。多少の個人差はありますが、手術当日、または翌日には視力回復効果を実感できます。充分な点眼麻酔を施して手術をするため痛みを感じる事もありません。

スーパーイントラレーシックとレーシックの違いは成功率や視力回復の早さ、手術時間が短くなったなどありますが、一番大きな違いは角膜のフタのような膜であるフラップの作り方です。

実際に僕の場合、今の左眼でコンタクト時代より遠くが見えているわけでもないのに、近くの小さい字がみえにくくなってる状況をどう考えたらいいのか。結果的に老眼が進んだように見える原因とは。
・暗所視力の低下
・乱視
・遠視
・左右差

イントラレーシックの後悔、失敗談として多いのは術後に視力が元に戻ったというものです。角膜の厚さが残っている方は無料で再手術をするクリニックも多いですが、もともと角膜が薄い人は対処ができず泣き寝入りという場合もあります。
イントラレーシックで後悔、失敗談と同じことを自分の身に降りかからない様にするためにも眼科、クリニック選びは必須です。

視力回復手術

本格的に視力回復手術を受けようかと考え始めてみてからは、時間があればいろいろサイトで調べるようになりました。

しかし、いい事しか書いていないものも多いですし、特にクリニックや眼科のホームページでは、成功事例しかないものが殆ど。当然ですが・・・そこで役に立つのは、やはり実際にレーシックを受けた人の口コミでした。

失敗、とまでは行かなくてもレーシックによるデメリットや後遺症?があることを知れば、判断も付きやすいというものです。
完全に若かりし頃の状態に戻すのは難しいかもしれませんが、現状よりもよくなる事とデメリットを比べて、決断する事が出来ます。

様々な合併症があるのも解りました。
コンタクトでも夜間は非常に運転がしづらいといった事はあるので、それがレーシックによる手術後にはどうなるのか、といった点は気になりました。めがねにしてしまえば問題ない部分でもあったからです。

しかし、一度手術をして裸眼視力があがった状態ではそれを矯正するすべはないのですから。

悩みますよね。

それともう一つ一番気になっていたのは、手術をしても近視に又戻ってしまうという点。
これでは、コンタクトにかかる生涯費用とレーシック手術の費用を単純に比べることではコスト面の解決策が見出せません。
再手術が不可能だったらどうすんの!?ということです。

レーシックを受ける前

レーシックを受ける前の自分は、もちろコンタクトを使用していました。目が悪くなり始めたのは高校生の頃からで、それまでは2.0あったのが、階段を転げ落ちるようにして卒業時にはめがねがないとつらい状態になっていました。この時で0.7あるかないかだったと記憶しています。

視力回復する為に色々やっていましたが、ダメでしたね。
初めてメガネを作ったのが18の時だったと記憶しています。大学に入ってからも視力はどんどん落ちていき、二十歳のころにハードコンタクトを作りました。しかし、これが全く自分に合わず、眼は痛いし、視力も更に下がっていくしまつ。

この頃には勿論レーシックやイントラレーシックなどといったものはなく、PRK手術が持てはやされていたと記憶しています。

ロシアで云々とか、アメリカで手術したとか、そんな時だったように思います。日本国内でもようやくレーザー手術が認知され始めていたのかもしれません。

それから10年以上たった現在では視力は両眼ともに0.01を切っている状態となりました。パソコン画面を見ている時間が長いのも影響しての事でしょう。

コンタクトによる視力矯正をしても両眼でようやく0.7とかでした。もっと悪いかも。免許更新できるだろうかと心配をよくしていました。

そんな状態なので、レーシックなどのレーザー手術に興味を持ったのは当然の話。しかしながら費用面などを考えるとすぐにレーシック手術に踏み切れる筈もなく、という状態だったのです。
タグ:レーシック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。